加盟団体紹介

滝ノ水緑地の里山と湿地を育てる会

会員数 14名
活動開始 平成22年(2010年) 4月
(滝ノ水緑地公園愛護会として平成9年5月)
活動場所 名古屋市緑区滝ノ水2丁目 滝ノ水緑地
活動内容 雑木林の森づくり活動、湿地の保全と再生活動、カブトムシの繁殖、環境学習活動、生き物調査、観察会(不定期・依頼があればおこないます)、各種研修会への参加
活動情報
※令和2年3月~
令和2年6月の予定
2020年
  • 3月15日(日) 10:00~12:00 湿地の草刈り、除伐
  • 4月19日(日)  9:00~12:00 湿地の笹刈り、除伐
  • 5月17日(日)  9:00~12:00 笹刈り、除伐、樹名板づくり
  • 6月21日(日)  9:00~12:00 環境デーなごや「身近な自然体験会」
  • *いつでもどなたでも参加していただけます(会費無料)
  • *活動日、活動内容は変更することがあります
  • *6/21の身近な自然体験会は「森で木を伐って樹名板づくり」です (要事前申し込み)
年間活動予定 <活動日>
毎月第3日曜日
<作業内容>
雑木林の保全:除伐、落葉かき、ビートルズベッドの手入れ
湿地の保全:草刈り、笹刈り、落葉かき、種の採取
池の生態系の保全:アメリカザリガニの捕獲
<池干し後の見守り>
なごや生物多様性センターと協力して、池の中や周辺の生態系を見守り、外来種(おもにアメリカザリガニ)を減らす努力を続けます。
<環境デーなごや・身近な自然体験会>
毎年6月に実施。
<小学校の総合学習>
依頼があればおこないます。
連絡先 鷲見 順子
・Tel/Fax:052-895-8628 ・携帯:070-2639-6686
ホームページ なし
団体からのメッセージ 緑区の住宅地の中にある小さな緑地ですが、雑木林とため池と小さな湿地があり、里山の自然の環境が残っています。この身近で貴重な自然環境を、市民の手で守り、学び、楽しんでいきたいと考えています。
平成22年4月から、緑のパートナー「滝ノ水緑地の里山と湿地を育てる会」として新たなスタートを切り、森の植生調査をし、森をご案内するためのリーフレットを作りました。

【はじめの一歩をお探しの方へ】
ご家族連れで、子どもたちだけで、個人で・・・定例活動の日に、森を見に来ませんか? 森の木を切ったり、カブトムシを増やすための作業をして、さわやかな汗を流しましょう!