加盟団体紹介

水源の森と八竜湿地を守る会

会員数30名
活動開始2007年
活動場所八竜湿地・新池を含む八竜緑地
活動内容自然観察会:毎月第一日曜日(9:30~)
湿地保全活動:毎週木曜日、毎月第3月曜日、最終土曜日(9:30~)
近隣の小学校総合学習支援
春・秋八竜観察会(行政と共催)
活動情報
※令和元年7月~10月までの予定
    定例八竜湿地自然観察会および保全活動以外の活動予定 7月
  • 大森北小学校総合学習
  • 入笠山へ自然観察研修
  • 8月 9月
  • 湿地サミット(座学:金城学院大学、現地見学:八竜湿地)
  • 秋の八竜緑地観察会
  • 10月
  • 大森北小学校総合学習支援
年間活動内容 水源の森と八竜湿地を守る会 総会(4月)
年1~2回 会員研修(随時)
芋煮会(1月) 小学校総合学習:大森小学校2回/年、大森北小学校4回/年
意見交換会(2月):行政、金城学院大学、学識経験者、地元住民、当会
春・秋八竜緑地観察会(4月、9月)
環境デー:身近な自然体験会(6月)
連絡先田京弘一
TEL:080-6901-1882
ホームページなし
団体からのメッセージ 八竜緑地は名古屋市東部丘陵地に位置し、湿地には東海丘陵要素植物をはじめ希少な植物や昆虫が生育しています。私達はこれらの湿性動植物の保護と環境保全しています。
 また、近隣の小学校の総合学習支援では他の学区では経験のできない湧水湿地の特徴を学ぶことができ、環境を守っていくために小学生自身が何をできるかを考える教材にもなっています。
 また、環境デーでは親子で参加して頂き、森で木を伐り、ペンダントなどを作るイベントも行っています。子供たちはノコギリや剪定バサミなどを使ったことがなく、安全確保のために親子で作業をすることを原則としています。

《はじめの一歩をお探しの方へ》 私たち会員の大部分は定年退職者です。第一線を退いた後は急に、周りに話相手がいなくなり、寂しい思いをすることがありました。 空気の良い森の中で、皆でワイワイガヤガヤ楽しみながら、木を伐ったり絶滅危惧種の保全をしたりして、少し汗をかき、少し社会のためになれば更に気分は良くなります。
私達と一緒に楽しく活動しましょう。

1、観察会は毎月第一日曜日: 守山環境事業所前集合: 9時30分
2、保全活動は毎週木曜日、第3月曜日、最終土曜日の都合の良い日に参加して下さい。 (集合場所、時間:学習広場、9時30分) なお、服装は汚れても良い長ズボン、長袖シャツなどで来てください。 ノコギリ、剪定バサミ、カマ、軍手などの道具類はお貸します。