加盟団体紹介

ラウンドボタン-L

大高緑地湿地の会

    • 草刈り
    • 草刈り
    • 落ち葉かき
    • 落ち葉かき
会員数 13名
活動開始 2003年1月
活動場所 緑区大高町字高山 (大高緑地 花木園)
活動内容 湿地復元作業(草刈り、落ち葉かき、池の泥上げ)植物・昆虫・鳥の調査
活動情報
※H30年11月~H2月の予定
    • 11月:コモウセンゴケの丘の落ち葉掻き、シラタマホシクサの種取りと種まき、冬鳥の餌場の切り通し作り
    • 12月:コモウセンゴケの丘の草刈り込みと落ち葉掻き、シラタマホシクサ自生地の天地返し、池の泥上げ
    • 1月:コモウセンゴケの丘の草刈り込みと落ち葉掻き、シラタマホシクサ自生地の天地返し、池の泥上げ、里山植物群落の落ち葉掻き
    • 2月:コモウセンゴケの丘の草刈り込みと落ち葉掻き、シラタマホシクサ自生地の天地返し、ワレモコウ・ツリガネニンジン・ヌマトラノオ群落の草刈り
年間活動予定 活動情報をご覧ください。
連絡先 大主 順一
・電話番号 052-413-4435
・メールアドレス:yoka1115@violet.plala.or.jp
ホームページ なし
団体からのメッセージ  猛暑の夏でもコンコンと湧き出る水を利用して、近年消滅しつつある湿地を復元しようと活動しています。草刈り、池の泥上げなどの作業を通じて、湿地 や池の整備を行い、そこに生息する植物や 昆虫の棲み家を保全しています。また、訪れた人達の憩いの場になることも目指しています。この活動は、尾張建設事務所 都市公園出張所(大高緑地を管理している所)の許可を得て行なっています。

【はじめの一歩をお探しの方へ】
まずは、自分の身近で開催されている自然観察会に参加して、自然を見る・感じる事から始めて はどうでしょうか。その後、保全活動などに参加したい意欲がわいて来たら、それに参加する。最初から大上段に構えない方が良いでしょう。大高緑地でも、第 1日曜日と第2日曜日には観察会が開催されています。