東谷山(とうごくさん)フルーツパーク

こちらは公益財団法人名古屋市みどりの協会が運営する公園(指定管理者)及び公益事業などの情報サイトです。

行こうよ 公園トップページ > 東谷山(とうごくさん)フルーツパーク

スタッフ便り

珍しいサクラ

東谷山フルーツパークには、約1000本のヤエベニシダレがあり、毎年4月の10日前後には満開を迎え、園内ところせましと咲き誇る様は、見ごたえがあります。
また、時を同じに咲く珍しい桜、ウジョウシダレザクラ、ウコンザクラ、ギョイコウザクラ、ヤマザクラシダレがあります。
4月4日(火)~4月13日(木)に開催する「シダレザクラまつり」にご来園の時には、是非ご覧ください。

ウジョウシダレザクラ
詩人 野口雨情邸(栃木県宇都宮市)に栽培されていた桜で、雨情を記念して名付けられました。
八重枝垂より大きな淡紅紫色の花を咲かせます。

ウコンザクラ(鬱金桜)
オオシマザクラを母種とする園芸品種です。
花は八重で淡黄緑色、地味ですが他の桜にはない色合いです。
花が淡黄緑色で鬱金色すなわちウコンの根茎を使って染めた色に似ていることから名がつきました。

ギョイコウザクラ(御衣黄桜)
桜の栽培品種、江戸時代に京都の仁和寺で栽培されたのがはじまりと言われています。
名前の由来は、貴族の衣服の萌黄色に近いためです。
八重咲きで淡黄色、中心部に紅色の条線があり開花時には目立たないが、次第に中心部から赤みが増してきて散る頃にはかなり赤くなります。

ヤマザクラシダレ
別名をセンダイシダレ、フゲンシダレと言います。花弁は5個、ふつう白色だが先端や外面の 一部がしばしば微淡紅色を帯びることがあります。果実は直径8ミリで黒熟します。

ヤエベニシダレ ヤエベニシダレ

雨情シダレ 雨情シダレ

ウコンザクラ ウコンザクラ

ギョイコウザクラ ギョイコウザクラ

山桜シダレ 山桜シダレ

施設案内

東谷山(とうごくさん)フルーツパーク

開館時間 9:00~16:30
休館日 毎週月曜日(祝・休日の場合はその直後の平日)
年末年始(12/29~1/3)
入館料 無料
※ただし、世界の熱帯果樹温室は有料
(大人 300円、名古屋市在住で65歳以上の方 100円、中学生以下 無料)
公式ホームページ http://www.fruitpark.org/

園内マップ

東谷山フルーツパーク 施設案内図

画像をクリックすると拡大したマップ(PDF)をご覧いただけます。

アクセスマップ

東谷山フルーツパーク アクセスマップ
  • JR中央本線・愛知環状鉄道「高蔵寺」下車
    南口徒歩25分
  • ゆとりーとライン(ガイドウェイバス)
    「高蔵寺」行き「東谷橋」下車、徒歩15分
  • 市バス「藤が丘」及び「小幡」発
    「東谷山フルーツパーク」行き、終点下車、
    徒歩13分
シダレザクラの見ごろには、周辺道路がたいへん混雑しますので、公共交通機関をご利用ください。

東谷山(とうごくさん)フルーツパーク

〒463-0001  名古屋市守山区大字上志段味字東谷2110
TEL 052-736-3344  FAX 052-736-2660

ホームページへ

このページの先頭へ