鶴舞公園の歴史

こちらは公益財団法人名古屋市みどりの協会が運営する公園(指定管理者)及び公益事業などの情報サイトです。

行こうよ 公園トップページ > 公園・庭園紹介 INDEX > 鶴舞公園 > 鶴舞公園の歴史

鶴舞公園の歴史

鶴舞公園は名古屋市が最初に設置した公園で、平成21年11月19日に100周年を迎えました。

鶴舞公園の歴史(年表)はこちら

鶴舞公園の誕生 ~明治42年から大正9年~

明治22年に市制が施行され、名古屋は県下初の市に。大公園を設置しようとする計画は幾度かありましたが、実現には至っていませんでした。
明治38年、たびたび氾濫した精進川(今の新堀川)を開削し、浚渫した土砂を兵器工場敷地の埋め立てに使う工事が始まりましたが、予想以上の土砂が余っていたため、当時、御器所村だった田園地帯を埋め立てる公園計画が進んだのです。さらに、当時の産業の発達を背景として持ち上がったのが、産業博覧会である第10回関西府県連合共進会の誘致。造成地で共進会を開催し、その後、本格的な公園整備を行うという一石三鳥ともいうべき計画でした。そして、明治42年10月に公園敷地を名古屋市に編入。同年11月19日に「鶴舞(つるま)公園」と名前を定め、名古屋市第一号の公園が誕生しました。
名古屋開府300年にあたる明治43年、鶴舞公園で共進会が開催されました。90日間の会期中に訪れた人は約263万人(当時の名古屋市の人口は約41万人)。共進会のために建設された施設は、本館をはじめとする各種パビリオンのほかに、貴賓館(後の聞天閣)、噴水塔、奏楽堂、胡蝶ヶ池、胡蝶ヶ池に架かる鈴菜橋、鯱ヶ池もありました。
共進会終了後、噴水塔と奏楽堂は名古屋市に寄付され、明治45年、それらの施設を取り込みながら公園の本格的整備に着手。設計は、東京の日比谷公園を設計した東京農科大学(現・東京大学農学部)教授の本多静六林学博士と、噴水塔・奏楽堂の設計をした名古屋高等工業学校(現・名古屋工業大学)教授の鈴木禎次工学士が中心となり、日本庭園は村瀬玄中と松尾宗見の両宗匠が担いました。正門から噴水塔、奏楽堂を中軸とした左右対称のデザイン、噴水塔東に広がる芝生と花壇の幾何学模様は近世フランス式洋風庭園。胡蝶ヶ池、竜ヶ池、吉田山、熊沢山の起伏に富んだ地形の間を渓流が巡るのは廻遊式日本庭園。和洋折衷の大公園は、大正9年までに一応の完成をみたのです。

市民が集う場所に ~大正中期から昭和初期~

大正中期から昭和初期にかけては、動物園をはじめとした多くの公園施設が設置されました。鶴舞公園に動物園があったことは意外に知られていないようですが、大正7年4月に鶴舞公園附属動物園として開園し、市民に親しまれていました。
大正12年には、大正2年以来、竜ヶ池畔にあった私立名古屋図書館(教育会経営)を鯱ヶ池畔(現在の鶴舞中央図書館の位置)に移し、市立名古屋図書館として開設しました。また同年、沼沢池を改造して菖蒲池がつくられました。
大正14年施行の普通選挙法を記念して、昭和3年には名古屋新聞社(現・中日新聞社)より普選壇(現・普選記念壇)が寄贈され、普通選挙法を成立させた当時の愛知県出身の内閣総理大臣・加藤高明伯の銅像も、銅像建設会より寄贈されました。普選壇は、ステージ部分に普通選挙の基本精神「五箇条の御誓文」が掲げられた野外劇場です。
昭和3年には鶴舞公園で、昭和天皇即位を祝う御大典奉祝名古屋博覧会が開催され、2ヵ月半の会期中に194万人が訪れました。このとき名古屋材木商工同業組合が参考館として出展した茶席「鶴々亭」が翌年寄付され、昭和5年に東海美術協会から美術館が寄付されました。鶴々亭は、風情ある庭に囲まれ、現在も市民に貸し出されています。
昭和5年には名古屋市公会堂が開館。昭和6年には猿面茶席および松月斎が、愛知県商品陳列所から移築されました。さらに、昭和7年には運動場、8年にはテニスコートが開設され、鶴舞公園は名古屋市民の文化・スポーツの拠点となったのです。
そして、大正時代はデモクラシーの時代でもあり、鶴舞公園は民衆運動や労働運動の集結会場としての役割も果たしました。名古屋初のメーデーが鶴舞公園で行われたのは大正12年のこと。その後、昭和10年に内務省が治安の保持を理由に屋外の集会を禁止するまで続き、昭和21年に再開されてから昭和末まで、毎年何万人もの労働者が陸上競技場を埋め尽くしました。
また、市民の憩いの場としてもすっかり定着した鶴舞公園。昭和7年から11年にかけて毎年夏に納涼を兼ねた公園まつりを盛大に開催していました。さまざまな催しが企画され、娯楽の少ない時代に市民の心をとらえたのです。こうして鶴舞公園は市民にとってなくてはならない場所となっていきました。

苦難の時代 ~戦中、戦後~

動物園が東山公園に移った昭和12年は、日中戦争が勃発した年でした。その後、戦火はますます拡大し、昭和16年12月に太平洋戦争へ突入したのです。
鶴舞公園においては、昭和12年3月から5月に臨港地帯で開かれた名古屋汎太平洋平和博覧会の会期中に国鉄中央線鶴舞駅が開設されたことと、同年7月に猿面茶席が国宝に指定されたことなどが、この頃の数少ない明るい話題でした。
昭和16年以降、公会堂・運動場・吉田山が高射砲陣地として陸軍に接収、園内の大木はほとんど伐採されました。また、戦時中の資源回収により、昭和19年に加藤高明伯の銅像を供出、今では台座が残るのみです。国鉄中央線のガード下に掛けられた扁額(明治42年の開園当時に内閣総理大臣だった桂太郎陸軍大将の筆によるもので、昭和41年に復元)と、普選壇の五箇条の御誓文の青銅板(昭和42年に復元)も供出されたようです。そして、昭和20年1月の空襲で、猿面茶席・松月斎・吉田庵が焼失。3月の空襲で、解体保管中の聞天閣が焼失し、爆風で竜ヶ池に架かる浮見堂が破壊されました。
敗戦後もしばらくは苦難の時代が続きました。昭和20年9月に公会堂が、11月に陸上競技場やテニスコートなど公園の一部が進駐軍に接収され、翌年9月には公園の大部分が接収されました。公会堂はダンスホールや映画会に使われていたといいます。
世相もようやく落ち着きをみせ、公園利用が再び活発になってきたのは、昭和25年に瑞穂グラウンドを中心に開かれた第5回国民体育大会のころから。鶴舞公園では、公会堂で柔道が、吉田山に新設したスタジアムではボクシングが行われました。
戦時中にイモやムギ畑となり荒廃していた菖蒲池を復元し、昭和26年からは菖蒲まつりが開催されました。その他にも多くの催しが開かれて、たくさんの人々を集めました。
そして、接収が解除された昭和27年4月1日は、ちょうどサクラの咲き始めで、喜びにわく市民が公園に殺到したとか。公会堂の解除は遅れて昭和31年2月15日になりました。
昭和30年には、接収中埋め立てられていた胡蝶ヶ池南半分が掘削され復元。鈴菜橋も当初は木造の太鼓橋でしたが、鉄筋コンクリートの橋として復元されました。
同年、補給水が断たれ水質が悪化していた竜ヶ池に、日本麦酒株式会社(後のサッポロビール)名古屋工場から地下のパイプを通って冷却水の余剰水の無料供給を受けることに。その落ち口は落差4メートルの滝となり、当時の工場長・酒匂氏にちなみ「酒匂(さこう)の滝」と名付けられました。現在は、地下水をくみ上げ、ポンプで循環させて滝の水を落としています。同じく昭和30年に、竜ヶ池の浮見堂が再建されました。
その後、昭和34年の伊勢湾台風、36年の第二室戸台風により鶴舞公園は甚大な被害を受け、懸命な復旧作業が続けられました。そして、被害を受けたスタジアムは昭和37年に取り壊され、39年に野球場となりました。

 

緑化施策の拠点として ~昭和40年ごろから現在まで~

昭和40年代に入ると、それまでの高度成長時代のひずみが叫ばれるようになり、都市緑化が大きな社会的関心の的に。国を挙げて都市公園の整備促進、新たな緑化施策の展開が行われるようになりました。
鶴舞公園でも、なお一層、市民の利用を促進しようとさまざまな施設を充実させたり、催しを企画。もともと野外劇場であった普選記念壇に観客用ベンチを設置、照明も新設しました。今も、集会やレクリエーション大会など、市民に貸し出しを行っています。
奏楽堂周辺には、毎朝、ラジオ体操にたくさんの人が集まり、多いときには300人以上にもなります。鶴舞公園はラジオ体操のメッカともなっており、昭和53年には東海郵政局によるラジオ体操50周年記念碑が芝生広場に設置されました。
昭和54年、国際児童年を記念して、陸上競技場東の児童園に子ども自身のアイデアを取り入れた「子どもの広場」が完成。この整備の際、昭和12年に東山動物園へ移行後も残っていた猿舎と水禽舎が撤去されました。
昭和55年5月15日、都市緑化の普及啓発を目的とした緑化センターがオープン。昭和57年に(財)名古屋市公園緑地協会が発足、昭和58年からは鶴舞グリーンプラザ内に事務所を置き、市民に開かれたみどりの窓口が整いました。そして、平成12年4月1日、(財)名古屋市公園緑地協会と(財)名古屋市都市農業振興協会が統合し、(財)名古屋市みどりの協会が発足しました。
昭和50年代後半には、新しい公園づくりの手法として、彫刻の設置が進められました。第1作となったのが、現代イタリア彫刻界の重鎮ヴェナンツォ・クロチェッティ作の「踊り子」で、昭和56年に奏楽堂北の花壇の中に設置されました。
その他、古くなった運動施設の改修工事も進み、テニスコートや野球場に夜間照明施設が設置されたり、八幡山の南にゲートボール広場がつくられるなど、幅広い市民層に利用される環境が整いました。
100年前、まったくの田園地帯だった場所に誕生した鶴舞公園。それが今や都心に残った貴重なみどりとなりました。100年の歴史的価値はさることながら、このような都心にこれだけ広い公園があることの意義は計りしれません。現在、公園を取り巻く課題や現状の中で、公園を有効活用し、さらなる魅力アップを図ることが求められています。みなさん一緒に、これからの鶴舞公園を創っていきましょう。

「つるま」と「つるまい」、どっちがどっち?

「つるま公園?」「つるまい公園?」と迷う人も少なくないでしょう。昭和12年、国鉄中央線「鶴舞(つるまい)駅」が開設されてから、常に話題になってきました。
鶴舞公園は、明治42年の名古屋市告示で「つるま」とルビが付けられています。「つるま」の語源については諸説あるようですが、一説では「水流間(つるま)」と書き、「水を湛(たた)えるところ」を意味する言葉とのこと。公園設置の際に、名古屋市が当て字として、縁起の良い「鶴舞」を使ったということです。
では、ここで問題。地下鉄の駅は「つるまい」駅ですが、公園の一画にある「鶴舞中央図書館」はなんて読む?
答えは、「つるま」中央図書館。ちなみに公園の南側に接している「鶴舞小学校」も「つるま」と読みます。
「そんなことどっちでもええがや、わしゃ『つるみゃあ』ってよんどるでよ~」という生粋の名古屋人もいるかもしれませんね!?

地下鉄が真下を走る噴水塔

明治43年に開催された第10回関西府県連合共進会の噴水塔を設計したのは、当時、公園東側にあった名古屋高等工業学校(現・名古屋工業大学)教授で、「東海建築界の巨匠」と呼ばれた鈴木禎次工学士。ローマ様式の大理石円柱に石組、マツの木を配すという珍しい和洋折衷式でした。
現在も同じ位置にある噴水塔ですが、一時的に市民の目から消えたときがありました。地下鉄三号線(鶴舞線)伏見~八事間が噴水塔の真下を通ることになり、60年余り風雪に耐え老朽化していた噴水塔への影響を考えて、昭和48年3月、いったん解体。地下鉄工事終了後の昭和52年3月に原形復旧されたのです。解体に際しては、随所に明治の職人気質の仕事ぶりが確認できたといいます。また、青銅製と思われていた大噴水盤が実はコンクリート製の模造品であったことが分かりました。これは、戦争中に資源として供出されたものと思われます。
公園内に地下鉄の出入口ができたことから公園利用はさらに活発に。地下鉄開通と鶴舞公園のシンボルの復元は、鶴舞公園の大きな節目となりました。

集会の舞台となった奏楽堂

奏楽堂は、明治43年の共進会に合わせて、鈴木禎次工学士によって設計。アールヌーボーを取り入れたイタリアルネサンス風の建造物で、ステージの周囲の手すりは「君が代」の楽譜と白鳥で装飾されていました。
木造だったため、老朽化のうえに室戸台風により大被害を受けて昭和9年に取り壊しになり、昭和11年に2代目奏楽堂が完成。初代のドーム型の屋根と違い、屋根はほぼ平らで、シンプルなまったく違うデザインでした。
その後、2代目奏楽堂は平成7年に取り壊され、平成9年に築造当時の姿に復元されました。2代目の棟飾りと舞台の縁石を使用したモニュメントが、今も3代目奏楽堂の北側の芝生広場に建っています。
それぞれの時代において市民の集会の舞台となった奏楽堂。大正7年の米騒動では、糾弾のための演壇となりました。現在は、約500人を収容できる客席も設置され、コンサートやイベントなどに貸し出されています。

鶴舞公園に動物園があった!?

名古屋で動物園といえば東山動物園。昭和12年に東山動物園が開園する前、実は鶴舞公園の中に動物園があったことは意外に知られていないようです。
動物園は、大正7年4月に名古屋市立鶴舞公園附属動物園として開園しました。場所は、現在の陸上競技場の南側から西側に当たり、今でも当時の門柱が2基、ポツンと残っています。
動物は、大須にあった私立浪越教育動物園からそっくり寄贈されたもので、飼育動物は250種800点と、当時の動物園としては、内外に誇れるものであったようです。昭和7年以降、夏期には夜間開園を実施し、夏期動物祭を開催。昭和8年10月には世界動物探検博覧会が開催され、好評を博すなど、市民に親しまれていましたが、手狭になってきたことから昭和12年に東山動物園へ移転しました。
動物の移動に際しては、おもしろいエピソードも残っています。ゾウは特製のオリに入れられ、トラクターに引かれて移動し、夜までかかって東山公園に着きました。ところが、道路に車輪がはまってしまい、そのまま野宿。翌日の深夜に、ようやく新舎に移し終わりました。また、鶴舞公園のサルと東山動物園に新たに入れたサルの仲が悪く、猿山でのけんかが絶えなかったので、やむなく鶴舞公園のサルは出戻りに。そのため、鶴舞公園には猿舎が昭和54年まで残っていました。

ベビーゴルフ場は進駐軍のアイデア!?

太平洋戦争中は、運動場などを陸軍に接収されたり、食糧難を補うための耕作地になっていた鶴舞公園。終戦後も苦難の時代はしばらく続きました。昭和20年9月に名古屋市公会堂が進駐軍により接収されたのを皮切りに、駐留軍人のための運動施設として陸上競技場やテニスコートなども。1年後には公園の大部分が接収されました。
陸上競技場は芝を張ってアメリカンフットボールなどに使用され、胡蝶ヶ池は埋め立てられて、南半分がベビーゴルフ場になっていたといいます。
昭和37年に誕生したベビーゴルフ場は、この進駐軍のベビーゴルフ場がヒントになったとか。場所は、公園南西にあった鯱ヶ池の跡でした。そして現在も、子どもから大人まで楽しめるベビーゴルフ場として市民に利用されています。

鶴舞公園の歴史(年表)

明治 40年 8月20日 精進川(現在の新堀川)改修工事の浚渫(しゅんせつ)土砂で埋め立て開始
42年 11月19日 「鶴舞(つるま)公園」告示
43年 3月16日 第10回関西府県連合共進会が6月13日まで開催。
噴水塔、貴賓館(後の聞天閣)、奏楽堂、胡蝶ヶ池、鈴菜橋などは、この時建設
6月6
~7日
名古屋開府300年祭祝賀会を挙行
45年   共進会跡地の本格的整備に着手
大正 2年 2月11日 私立名古屋図書館(教育館経営)設置
3月29日 運動場開設
5年 10月 児童遊園設置
7年 4月20日 鶴舞公園附属動物園開園
8年 4月28日 八幡山(八幡山古墳)を公園敷地に編入
9年   鶴舞公園ほぼ完成
12年 9月28日 市立名古屋図書館(現・鶴舞中央図書館)開館
昭和 3年 6月23日 普選壇(現・普選記念壇)寄贈
6月24日 加藤高明伯銅像建設会より銅像が寄贈
9月15日 御大典奉祝名古屋博覧会を11月30日まで開催。
この時に、名古屋材木商工同業組合が参考館として出展した茶席「鶴々亭」が、翌年寄贈
4年 4月1日 市立名古屋動物園と改称
5年 10月10日 公会堂開館
12月26日 博覧会で建設された美術館が、東海美術協会より寄贈
6年 5月11日 八幡山古墳が、国の史跡に指定
7月28日 猿面茶席及び松月斎が、愛知県商品陳列所から移築設置
7年 4月29日 鶴舞公園運動場開設
8月21
~28日
公園まつりを開催(昭和11年まで毎年開催)
9年 9月9日 奏楽堂が老朽化のため取り壊された
10年 11月25日 鶴園振興会発足
11年 12月22日 奏楽堂(2代目)が完成
12年 3月24日 東山動物園の開園に伴い、市立名古屋動物園を閉園
4月21日 国鉄中央線鶴舞駅設置
7月29日 猿面茶席が国宝に指定
16年 12月8日 太平洋戦争始まる
17年 8月27日 聞天閣が移築のため解体
9月5日 美術館が移築のため解体
19年 4月28日 戦時中の資源回収により、加藤高明伯銅像を供出。
公会堂、運動場及び吉田山は、高射砲陣地として陸軍に接収
20年 1月3日 猿面茶席、松月斎、吉田庵などが空襲により焼失
3月12日 聞天閣資材、浮見堂などが空襲により焼失
8月15日 太平洋戦争が終わる
9月26日 進駐軍が公会堂を接収
21年 9月17日 進駐軍が公園の主な地域(約15.4ha)を接収
24年   高明山に児童園開設。八幡山古墳を復元
25年 10月28日
~11月1日
第5回国民体育大会拳闘場としてスタジアムが完成し、競技が行われた
26年 6月9日 菖蒲池の改修が一部(北側)で完成し、菖蒲まつりが再開
27年 4月1日 公会堂を除く公園の主な地域が、進駐軍の接収を解除
10月1日 名古屋市鶴舞図書館開館
29年 7月2日
~8月12日
陸上競技場でコニー・アイランド・ショー開催(昭和33年まで毎年開催)
30年 3月 接収中、埋め立てられていた胡蝶ヶ池の南半分が掘削改修され、鈴菜橋も永久橋に復元
6月1日 「酒匂の滝」完成
8月18日 空襲により損壊した浮見堂再建
31年 2月15日 公会堂の接収を解除
33年 9月13日 旧制第八高等学校創立50周年記念の「伊吹おろしの碑」建設
37年 2月1日 鶴舞公園振興協会発足
10月1日 鶴舞公園振興協会経営のベビーゴルフ場が開場
41年 10月31日 公園正面ゲートに、開園当時の青銅製の扁額が復元
48年 3月 地下鉄工事により、噴水塔を一時撤去
52年 3月18日 地下鉄開通とともに、噴水塔が復元
54年 11月3日 国際児童年記念の「子どもの広場」が開場
55年 5月15日 緑化センター開館
56年 4月3日 彫刻「踊り子」が北花壇に設置
57年 10月1日 (財)名古屋市公園緑地協会及び鶴舞公園振興会発足
58年 4月27日 鶴舞グリーンプラザ開館
59年 4月6日 名古屋市鶴舞中央図書館新築開館
61年 5月27日 「鶴舞公園噴水塔」及び「鶴舞公園普選壇」が、名古屋市文化財に指定
平成 元年 11月1日 「公会堂」「普選壇」「噴水塔」が、名古屋市都市景観重要建築物等に指定
2年 3月3日 「日本のさくら名所100選の地」に指定
9年 4月2日 奏楽堂が公園築造当時の姿に復元
11年 10月9
~10日
鶴舞公園90周年イベント開催
12年 4月1日 鶴々亭の付属茶室として「百華庵」を移築・供用
(財)名古屋市みどりの協会発足
18年 10月27日 「日本の歴史公園百選」に指定
21年 7月23日 国の登録記念物(名勝地関係)に登録
11月19日 鶴舞公園100周年

このページの先頭へ