奏楽堂

こちらは公益財団法人名古屋市みどりの協会が運営する公園(指定管理者)及び公益事業などの情報サイトです。

行こうよ 公園トップページ > 公園・庭園紹介 INDEX > 鶴舞公園 > 奏楽堂

奏楽堂 (そうがくどう)

  • 奏楽堂

明治43年に鶴舞公園で開催された第10回関西府県連合共進会の中心的施設として建設された、アールヌーボーを取り入れたイタリアルネサンス風の建造物です。設計者は、噴水塔と同じ鈴木禎次工学士。

昭和9年に老朽化のうえ室戸台風により大被害を受けたため取り壊され、昭和11年から平成7年まではデザインの異なる奏楽堂が建てられていましたが、平成9年に築造当時の姿に復元されました。

面積
敷地面積 3,860㎡(ステージは、対辺間12.7mの正8角形)
客席
約500人収容可能(客席は、石段・芝生 100人×5段) ※北側には芝生広場あり
電源
15Aコンセント 2個×2ヶ所 (階段側面)
夜間照明
ステージ部分(夜間自動点灯 22:00まで) ※その他のエリアは公園灯のみ
利用内容
各種コンサート、イベント、レクリエーション大会、写真撮影などに利用できます。
ただし、目的や内容によっては利用できない場合がありますのでご了承ください。
  • 子どもまつり
    子どもまつり
  • ストリートライブ
    ストリートライブ
  • 吹奏楽フェスティバル
    吹奏楽フェスティバル

このページの先頭へ